ビジネスファッション

【スコッチグレイン】郵便で靴紐を購入してみた

ビジネス
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

こんにちは、たまです。

私は現在、会社に履いていくビジネスシューズは3足でローテーションしており

そのうち、2足がスコッチグレインの靴を履いています。(もう1足はリーガルです)

今回はそのスコッチグレインの靴紐を郵便で購入したので、そのやり方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

靴紐を購入しようと思ったきっかけ

2足とも購入してから3年は経つでしょうか。

社会人になってから初めてしっかりしたビジネスシューズを購入したので

今でもスコッチグレイン銀座本店に行った時、緊張したのを覚えてます(笑)

※それまではABCマートで買った安い靴を履いていました。

まず1足目がこちら

アシュランス 3526DBR(EEE)です。

サイズは24.5です。

社会人で2足目の靴ということもあって、シンプルなストレートチップですが少し背伸びをして茶色を選んだことが懐かしいです笑

2足目がこちら

シャインオアレインIII 2720BL

サイズは25cmです。

こちらはアッパー(甲革)に撥水レザーをしているので名前のとおり、晴れでも雨でも快適に履くことができる万能靴です。

茶色の次にまた背伸びをして初めてメダリオン(小さな穴の装飾)がある靴を選びました。

この靴は本当に気に入っていて一番履いてました!

2枚の写真を見てお気付きかもしれませんが

3年以上履いていると靴紐のダメージがすごいです・・・。

いやー、もう限界でしょ。

履く機会が減った今のうちに靴紐を変えたい!

そう思って早速、靴紐について調べました。

スポンサーリンク

郵送での買い方

「スコッチグレイン 靴紐」で調べてみると・・・

店舗で靴紐を販売していることが分かったので、直接買いに行こうかと思いました。

しかし、私は郊外に住んでいるということもあり、銀座本店に行くと往復で2,000円近くかかってしまう・・・

「靴紐の為にお店に行くのもなあ」と思っていたところ

スコッチグレイン 大阪店の公式ブログで靴紐を郵便で購入できると紹介されているではありませんか!

コロナ禍でお店に行きづらかったり、遠方のお客様の為に郵便での販売を対応しているとのことです。

靴紐の種類は全部で3種類あり価格は下記の通りです。

  • 丸紐(エステル)黒/茶 1足分¥110
  • ロウ引き丸紐(カタヒモ)黒/茶 1足分¥220
  • 平紐 黒/各色 1足分¥220

すごい安いと思いました!特徴や写真は大阪店さんのブログをご参照ください

その購入方法は

直営各店に靴紐代金(2足分まで)返送切手代(¥84)現金書留にて郵送するというものです。(品番・色・サイズ・数量のメモをお忘れなく。)

直営店の住所についてはこちらでご確認ください。

注意点としては下記3点がございます。

※1通で2足までです。3足以上だと別途返送切手代が必要になります。
※オンラインストアでの紐の販売はありません。
※アウトレット店は店頭販売のみです。

スポンサーリンク

実際に郵便を出してみた

私は今回、「丸紐(エステル)」を黒と茶の2足分を購入するため、郵便局へ駆け込みました。

まず、返送用の84円切手を購入するのと合わせて、現金書留用の封筒を窓口で購入します。

切手:84円

現金書留用の封筒:21円

計105円です。

表に宛先を書きます。(字が汚いのはご愛敬)

そして封筒に下記3点を入れます。

  • 靴紐代:220円(2足分)
  • 返送用切手:84円切手
  • メモ:品番・色・サイズ・数量を記載

入れ忘れがないか確認してから封をしていきます。

裏へ

封の仕方・・・

???

私の頭が悪いのか、一発で図を見て理解できなかったですが

それっぽく封をしてみました(多分あってる)

まず内側の白いのを内側に折ってのりづけ

続いて下ふたをかぶせる形でのり付け

最後に上ふたをして完成

封をして気づいたんですが、丸い点線のマークが3つあり

そこに印鑑か署名をするとのことでボールペンで苗字を3か所書きました。

シャチハタを持ってくればよかったと反省。

郵送の準備ができたので改めて窓口に持っていきました。

店員さんからいくら入っているか聞かれたので「220円です。」と回答

1万円以上だと現金書留の保証料が変わってくるのでその確認だったのかな

店員さんが現金書留の封筒の重さを計ったり郵送の準備を色々して少し待っているとレシートを持ってきて「529円になります。」

事前に現金書留の料金を調べていたのであまり驚きませんでしたが、こんなもんかという感じです。

合計でかかった金額が切手代、封筒代、郵送代、靴紐代で

84円+21円+529円+220円=854円です!

電車賃より大分安く抑えることができました!!

ちなみに郵便局に出したのが9/11(土)の15時ごろだったでしょうか。

靴紐が届くまで

土曜に出して来週末には届くかな、と思っていたら早速9/12(日)のお昼12時ごろスコッチグレイン銀座本店の店員さんからの電話がありました。

「現金書留にて靴紐の注文を承りました。準備ができ次第発送致します。」と丁寧にご連絡をいただきました。

そして一夜明け、本日9/13(月)仕事から帰ってくると郵便ポストに封筒が届いているではありませんか!!

仕事が早い!!

本当に感動しました。郵便を出して2日後にモノが届くなんて!!

早速開封!

そうです。これが欲しかったんです。

靴紐を通してみた

では早速靴紐を通していきたいと思います。

まず靴紐をすべて抜いて

片方の靴を参考に靴紐を通してみました。

通し方が独特なので説明を割愛させていただきます。(説明が難しい・・・)

詳細はこちらをご参照ください。

はい、生き返りました。

靴紐が新しくなるだけで大分違いますね!!

これでまた気持ちよく出勤できます。

まとめ

今回初めて郵便を出して靴紐を購入しましたが、いかがでしたでしょうか。

854円で2足分の靴紐が購入できました!(私の場合、店舗へ行くための電車賃の約片道分です。)

購入した靴を長く履いてもらう為、靴紐の替えもアフターサービスの一環と考え、靴紐の価格を安く設定している所や、早急にモノを発送してくれる所からスコッチグレインのサービスの高さを改めて実感することができました。

スコッチグレインの靴をお持ちで靴紐が替え時の方はこの機会に郵送で靴紐を購入してみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

<PS>

Collonil(コロニル)のシューツリーはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました